BLOG

『メモ』撮影のコツ

ずっと「どうしたら上手くなるかな」とか、
もっと自分がグッとくるような撮影って出来ないかな、と考えていたのですが、
4年ほどお金を頂いて撮影をしてきた途中経過の意見を、ここに記しておきたいと思います。

結論を言うと、色々回ったけど、
やっぱり、「楽しむ」ってことは欠かせないんだなぁと再確認しました。

🌟基本は自分だけの感性を大切に。

・対象に対して、”自分は”どう感じるのか、が大切。
例えば、「スーツを着ているからビジネス的に”他の人は”見えるだろう。」という理由で撮ると、実に納得のいかない、浅い写真になる。
誰がなんと言おうと、「自分はこう思う」という気持ちは、いつだって大切にする必要がある。他人にどう見えるかを考えるのは、その後だと思う。

🌟感覚派でも、論理的に理解する必要もある。

・自分の感覚だけで撮っていても、限界がある。すぐに煮詰まる。色んな考え方、使い方を知ることで、自分が表現したかったものが見えてくる。
・基本的な機能を使えてなければ、まずはそこから。
・人の写真に嫉妬するより、リスペクトし、自分との違いを比べ、一度真似して取り入れてみる。違うと思ったらそのまま流す。

といいつつ、一番大切なのは、感性。
自分が感じていることを大切にし、慈しんでみること。
仕事に追われ、競争心をむき出しにしているうちは、そのことに気がつかず、ずっとグルグルと悩む。

関連記事一覧

PAGE TOP