BLOG

惹き合うものがあればこそ

こんにちは!Photoアーティストのくずはらまりです♬

こんなこと言っちゃうと、
自信ないのかな?とか思う方もいるかもだけど、少し心の中を見せてみますねw

 

惹き合うものがあればこそ

先に言っちゃうと、私、写真って、良いカメラを持っているとか
技術だけじゃないと思っています。

私のところに来てくれる方は、私の写真を好きでいてくれる方が多分多いと思うのだけど(ですよね?笑)、
それは、どこか惹き合うものがあるからこそで(私自身も惹かれることが多い)、

私じゃない方が良い方だって死ぬほどいると思う笑!!
もう一度言っちゃうけど、自信がないって話じゃないの。
正直に言うと、

 

「私の方が上手く撮れる・・・!」
「なんでこっち来ないのかな?」

 

と、ふと疑問に思うこともあるしね・・・!(しょぼ!笑)

まぁ、理由は何となく分かっていて笑
それに関しては、また違う機会に書くかもしれないけど笑

とにかく、一期一会って言われているくらい、
「人に会う」というのは、全てにおいて必然と思っています。

私の実感としては、ネット上でも(みんなもそう?)!

 

結局は、「この人に会う必要がある」と、どこか思っているはず

「この人に撮ってもらう」という経験は、

・スキルが高い
・人生経験値が高い
・カメラが高い
・効果がある

と言う、明らかにスペックが素晴らしい人に撮ってもらうことが絶対良いとは限らないと考えます。

だって、人って色々ですもん。

 

有名な人が全て良いってなったら、果てしなく多くのカメラマンが必要なくなりますw

今の自分に合った人、という視点で考えると、そうゆうスペックじゃはかれないと私は思うのです。

より成長したい、より素敵な表情で撮ってもらいたい、と思うなら、、、ですね。

(ここで伝えたいことからズレてしまいますが、経験値も大切とも思っています。これはまたいずれ。)

 

どこか、意識していないところで、
「この人に会う必要がある」と思うから、
色々調べて納得しつつも、選ぶのだと思うのです。

だから、私は、私に「なんか惹かれる」と言う漠然とした思いがある方に来て欲しいと思っています。

そんな方の為に、私も納得できるような記事を少しでも多く書いていきますね。

 

最後に結論を言えば

選ぶ時には、スペックで選ばず、直感的に。

そうしないと、どうなるかというと、フォトグラファーもそんなフォトグラファーと当たります。

 

適当に選べば、適当に扱うフォトグラファー
表面的な部分で選べば、表面だけ綺麗に撮るフォトグラファー

 

私は文章から惹かれることがあまりないので、
写真から伝わってくるエネルギーから「この人!」って思うのですが、
その写真が自分の心の中で、どう感じるのか、よくよく味わってから決めると何より楽しいですよね。

 

惹き合うから、人は巡り会う。

なんかロマンチックで素敵ですし、それが瑞々しい循環というものだと私は思います。

 

お知らせ
Photo artist / Artist painter
くずはらまり


・ホームページらくらく作成プラン(お値引き中)
https://kuzuharamari.com/hb/


・LINE@
検索ID: @nor0268h



関連記事一覧

PAGE TOP